ホームページの役割の変化に気付いていますか?目的を達成するために必要不可欠な土台とは

こんにちは!おゆ会です。

さて、ホームページを作る目的と言えば、

  • 申し込みや問い合わせなどの行動を起こしてもらう
  • 考え方を広める
  • 自分のことをもっとよく知ってもらう

など、何らかのプラスの変化を起こすために、視聴者を説得することです。

では説得して望む結果を実現するためには何が必要なのでしょうか?

これは、独学で自分で作る人だけでなく、専門家に発注をする人もということについては頭に入れておきたいですよね。

そこで、今回はホームページ・WEBサイトについて紹介する商品やサービス情報に限らずに当てはまるような、土台の部分から目的の達成に必要なことについて考えてみようと思います。

実際にホームページ制作やお手伝いをしていて、これだけは意識して気を付けなければ結果が出ないと思っていたことがあるのですが、最近それがより強く表れるようになってきました。

その上で、これからの時代に必要となる最新の考え方もご紹介します。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

よろしくお願いします。

目次

視聴者が行動・変化する背景にある「信頼」

ホームページを制作するときに、常に気を付ける必要があることを一つ挙げるならそれは信頼です。

こちらの提案する行動や変化につながる選択・意思決定をしてくれるとき、視聴者は「ここなら(この人なら)大丈夫」と思ってくれてはじめて行動してくれるからです。

とはいえ、「私を信じてください!」とネットで言っても誰も信じてはくれません。

ではどうすればいいのか?

早速見ていきましょう。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

情報発信をする上でどの程度信頼されているかという問題を避けて通ることはできません。今の時代、過去の実績やみんなが選んでいるからといった客観性よりも、視聴者がどう感じるかで決まる要素が大きいからです。

信頼をホームページで表現するには?

説得するために一定の信頼を持ってもらうためには、主に以下のような方法や要素があります。

  • 共通点(問題意識、理想)を発見して共有する
  • 距離を近くする(理屈ではなく感性の部分に訴える)
  • 第三者の声(情報発信者とは別の視点、口コミ、お客様の声、権威による正統性、公平性、成功の実例)を掲載する
  • 補償と保障(損失回避)
  • 事実を提示する
  • 実績を提示する
  • 利益を提示する
  • 成功体験の(役に立つという体験、利益の獲得)積み重ねを提供する
  • 論理的な説明による教育
  • 分かりやすさ(分かりづらいと興味・関心が薄れていきます)

などなど。

たくさんありますがこのときに鍵となるのが一貫性です。

一貫性を持った同じメッセージを、このように視点を変えながら提示することで信頼が積み重なっていきます。

ネットで成約率を高める方法などを調べると、それぞれの方法についての詳細な解説記事が見つかります。

どれも役に立つ情報ではあるのですが、一貫性(本当に伝えたいこと)というベースが揺らぐと結局何をいいたいの?となってしまうというのは理解しておく必要があります。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

繰り返しになりますが、あくまでも視聴者がどう感じるかがポイントです。信頼はユーザーとあなたとの人間関係です。

当たり前すぎて難しい「一貫性」

一貫性という言葉を少し言い換えてみましょう。

例えば、同じページ内はもちろん、WEBサイトの内で書いてあることに対して意味が分からないと感じる(正しいかどうかではなく、視聴者の理解、知的レベルや主観的な判断によります)と、視聴者からの信頼は得られません。
※ユーザーに問題提起をする場合は、冒頭の部分で違和感として表現することを意識すると伝わりやすいですね。

ですから、ホームページ制作では、最初に目に入るパーツから最後(例えば申し込みフォーム)までメッセージに矛盾がなく一貫性が保たれているかどうかを確認する必要があります。

そして、問題があった場合は全体の流れを見ながら、文章や各パーツを調整していきます。

ここで気を付けたいことがあります。

少しずつ一貫性が損なわれていく事例

途中で人員を追加したり、コストカットのために複数人に文章、画像、動画などを分業・分担させる場合など、断片的に関わる人が増えていくと一貫性は簡単に失われていきます。

同じ一人が全部を担当する場合であっても、作業の中断や、論理の飛躍説明不足などでも一貫性は損なわれてしまいます。

予算の関係や作業の都合から、パーツごとに修正を入れる場合や、諸事情による表記修正にも気を配る必要があります。

いずれのケースであっても、ホームページに限らず、全体を通して一貫性があるかどうかが大切です。

一貫性をチェックできる人を用意するか、統合的に管理する立場の人(作業をせずに全体を見ている人)が気を付けておくといいですね。

自分ひとりで制作している場合は、いったん距離を置いてから(時間をあけてから)、全体的な視点を取り戻してから見直すようにしてみてください。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

ホームページを作る段階でページ単位で一貫性を考えるのではなく、視聴者や見込み客となる人をマーケティングの段階でできるだけ具体的に決めて、関係する人やチーム内で意識共有しておくということからはじめてみましょう。外部に発注するときも、そういう情報を伝えておくとデザイナーさんやライターさんも仕事がしやすくなります。

「コミュニティ化」を意識する

ここで言うコミュニティというのは、

理想に向かっているリーダーがいて、同じ理想を共有する仲間たちが集まっている場所を作るという、ココ数年で登場してきた概念です。
※和佐木坂サロンと検索してヒットする情報が最近のコミュニティという言葉の出元となっています。ご興味があれば調べてみてください。

理想を共有する仲間と共に、モノやサービスの提供という一度きりの関係ではなく、理想に向かっていく過程で理想に近づくために必要なものや役立つものを紹介していくという考え方になります。

ネット中心の生活では好きなことができる反面、孤独を感じる人が増えていますし、何より色んな人が情報発信を続けているため情報量がネットで無秩序に増え続けています。
※WEB制作の現場では、情報が増えすぎることで検索エンジンの情報の偏り(膨大な情報に対して人間が妥当性を感じるような基準が崩壊しているため、大手企業や有名なメディアが優遇されている状態。つまり検索エンジン対策が以前のように機能しない。)を強く実感しています。

そんな中、リーダーが中心となって居場所を提供し、必要な情報を絞り込んで教えてくれるというのは時代に合った方法と言えそうです。

要するに、コミュニティ参加者に対して理想を示し居場所を提供するリーダーになるということですね。

コミュニティ化すると、何かを販売したり紹介するためにホームページにアクセスしてもらうという集客の部分が不要になるためそういう視点で作られたホームページも不要になるということになります。

こうなるとホームページは、コミュニティに加入してもらうために理念を伝えるためのものという役割が明確になり、そのことを伝えるために一貫性がさらに重要になってきます。

コミュニティ化の手段としては、オンラインサロンやサブスクリプションのモデルがよくありますが、チャットワークやSlackで専用のチャットグループやチャンネルを作ってそちらでクローズドに情報交換をしていくというのもお手軽ですしおすすめです。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

おゆ会では、チャットワークとPayPalを使った低コストで簡単に運用できるコミュニティの立ち上げと運用のサポートを業務として行ったことがあります。ご興味があればお気軽にご相談くださいね。

リーダーになるというのは、心理的にもハードルが高いかもしれませんが、先述の通り孤独と情報過多の時代なので検討する価値がある…というよりも検討しなくてはならなくなってきた。

と言ったほうが正確かもしれませんね。

ホームページ制作で必要なものまとめ

「信頼」「一貫性」そしてそれらを統合する「コミュニティ化」という考え方をご案内してきました。

  • サイト、ページ内でメッセージ(主張)は一つ
  • 一つのメッセージを複数の視点で見せることで信頼を積み重ねていく
  • マーケティングをしっかりと行って視聴者や見込み客の視点を理解して共有する

これが土台となる考え方です。

この土台をしっかりと固めておくと、成約率を上げるための方法論などの各種施策がより有効に使えるようになりますよ。

地味ですけど、実店舗を構えずネットで活動をする方は特に意識して取り組んでみてください。

コミュニティ化については、ご案内にとどまりましたが非常に重要なので言葉だけでも是非覚えていってくださいね。

ホームページ制作で必要なもの

ユーザーの視点を理解するして一貫性を積み重ねることで信頼を。そしてコミュニティ化へ。

おゆ会のアイコン画像おゆ会

最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

ホームページ制作を中心にWEB関連のお仕事をしています。

ホームページ制作では、企画やライティングといった土台の部分から相談して、そのためのページ構成やコンテンツを作成していきます。

また、外部のオンラインサロン立ち上げ運用も経験しています。

いずれもご予算に合わせた対応が可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

無料のご相談をTwitter上で受け付けていますので、よろしくお願いします。

【今のおすすめ】
集客と情報発信のブログをはじめるならWordPress+SWELL(テーマ)がおすすめです。詳しくはこちら → SWELL

目次
閉じる